サプリメントとは?

サプリメントは健康や美容を維持し、生活習慣病を予防するものであるが、薬ではありません。
薬は人体による有効性が証明されたものです。

ただし、薬はともすれば副作用を伴い、摂取の仕方を間違えると生命にかかわることさえあります。そのため、医師が処方箋を書き、薬剤師が調合し、説明した後に患者の手に渡ります。

薬品メーカーが製造し、薬局で販売される薬も医薬品として認可を受けているので、その効果や摂取量、摂取方法が記載されています。

一方、サプリメントは体に不足している栄養素を補充することにより、体の機能を正常にし、病気に対する自然治癒力を高めます

サプリメントで栄養補充

サプリメントは食品なので、薬局でなくても販売することができます。

日本の場合、薬事法の規制により医薬品や医薬部外品以外の食品には効果効能を記載することはできませんでしたが、2001年4月にスタートした「保健機能食品制度」によって、食品に含まれる栄養成分が一定の基準を満たせば、摂取方法や1日の摂取量の目安を記載することができるようになったのです。

サプリメントアドバイザーの役割

サプリメントはいまだ人々に誤解されている面もあります。

サプリメントによって「がんが治った」「血糖値が下がって糖尿病が治った」「尿酸値が下がった」などという話を聞いて、病気を治そうと考える消費者もいます。

ところが、実際にサプリメントを試してみても何の実感も得られないこともあります。
その結果、サプリメントは無意味なものだと誤解してしまう人も少なくありません。

サプリメントは薬ではなく食品の範疇に入るため、誰もが簡単につくって販売できることからそのアイテム数も膨大な数にのぼり、商品の質もさまざまです。

つまり、優良なサプリメントばかりではないのです。もちろんサプリメントをとりまく環境にも問題はあります。

それは薬とサプリメントを混同している人がまだまだ多いことです。

薬とサプリメントを混同

今も大手出版社が発行している雑誌などに、医薬品とサプリメントが混同した記載がされている場合があります。

また、サプリメントや健康食品の作用は個人差があるため、摂取基準値どおりに用いても期待した作用が得られないこともあります。

健康な人がサプリメントを摂取しても体内の免疫力の強化や機能の働きの改善などを明らかに感じとるのは難しいでしょう。

酒、たばこ、睡眠不足、暴飲暴食などの悪い生活習慣を改めず、サプリメントによって安易に病気を予防したいと考えている人もいます。

こうした考え方もサプリメントに対する大きな誤解を生む一つの原因になっているでしょう。

サプリメントに対するさまざまな誤解をなくすためにも、消費者が栄養に関する知識とサプリメントに対する正しい知識を得るためにも、サプリメントアドバイザーが必要となるのです。

サプリメントアドバイザーに必要な知識

サプリメントなどの健康食品が消費者の手に渡り、摂取されるまでには、原料の仕入れ・製造・包装・表示・広告・流通・販売などのプロセスを経なければなりません。

消費者がより安全で、より品質のよい商品を入手するためには、サプリメントも通常の食品と同様、食品衛生法、健康増進法、薬事法などの関係法令によって制限を与えられることになります。

ここ数年、規制緩和や市場開放によりドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパー、ネット通販などで、さまざまなサプリメントが販売されるようになりました。

消費者は手軽にサプリメントを入手できるようになったわけですが、その摂取方法、有効性や安全性がきちんと理解されているかというと疑問が残ります。

サプリメント副作用

副作用や薬との相互作用などによる健康被害、誇大広告など問題点は少なくありません。

サプリメントアドバイザーは、消費者がサプリメントをはじめとする健康食品を安全に摂取するために成分の知識だけではなく、関係法令も理解しておく必要があるのです。

サプリメントアドバイザーが必要とされる場所

実際に消費者が保健機能食品やサプリメントなどについて情報提供を受ける場としては、保健機能食品やサプリメントが販売されている店舗や通販、保健機能食品やサプリメントの製造・販売会社などのお客様相談室、保健所や病院などの保健・医療機関、消費者センターなどの消費者相談窓口、地域の食生活改善活動の場などが考えられます。

サプリアドバイザー活躍の場

これらの場には食品の成分や機能、活用方法などを正しく理解し、情報を提供できる助言者、つまり、サプリメントアドバイザーなどが適宜置かれることが必要であるといえるでしょう。

サプリメントアドバイザーに必要な心構え

1.医師とは異なる立場である

サプリメントアドバイザーがサプリメントの説明をするときには、「サプリメントアドバイザーは医師ではない」ことを、まず相手に理解してもらわなければなりません。

医学的な説明はどうしても必要ですが、医師を誤解されないように細心の注意を払う必要があります。

「このサプリメントを摂れば病気が治る」「このサプリメントを摂れば医者の薬は何も要らない」という言い方をすると、薬事法違反になってしまいます。

サプリメントアドバイザーは医師ではありません。

したがって、医療機器を使って検査をし、相手の病状を判断することはできないのです。
病状の判断は医師に任せるべきなのであります。

サプリメントアドバイザーは食事療法、サプリメントに関するアドバイスを的確に行うのが仕事です。

アドバイス

病気に関する知識があっても「この症状はこういう病気」ということを絶対に言ってはなりません。

もっとも大切なのは、多くの人々に本物のサプリメントを教える心構えをもつことです。

「ビタミンやミネラルなどのサプリメントは人の体をつくるものである。血液をつくる。体をつくる。だから健康になる」ということをアドバイスしていくのです。

健康を守る役割を果たす、という意味では医師よりも大切な存在なのです。

相手に対して「このサプリメントはなぜ必要なのか」「なぜあなたにとって必要なのか」を説明し、理解してもらうことからスタートするべきです。

ただ単に相手から体の状態を聞いて、サプリメントを選択したのでは医師の処方と同じです。

日常の食事の組み合わせ、調理方法、運動を含めて生活全般のアドバイスをするのがサプリメントアドバイザーとしての役割でしょう。

調理方法

日常の健康管理の具体的な方法を提示し、ベストな健康状態を保つにはどうしたらいいかまできちんと指導する必要があるのです。

決して「これを飲みなさい」とサプリメントを押し付けてはいけません。
人は百人百様。

サプリメントのラベルに記されている飲み方の基準通りに飲んでも効果のある人もいれば効果のない人もいるでしょう。

「あなた自信の体調と相談しながら飲んでください」「体調をみて問題がなさそうであれば、そのまま続けてください」「量をちょっと増やしてみてください」「あまり体調がよくなかったら減らしてください、中止してください」というのがサプリメントアドバイザーのスタンスです。

2.相手に目的意識を持たせる

サプリメントアドバイザーは、消費者一人一人が、それなりに満足してもらうために、さまざまな気を配らなければなりません。

サプリメントをすんなり理解してくれる人もいれば、どのように説明しても理解してくれない人などさまざまです。

たしかに、相手に問題がある場合もあるが、ひょっとしたら自分の説明の仕方が悪いのかもしれません。

アドバイスをする際には、サプリメントを求めてくる人が、どういった目的で摂取しようとしているのか、どれぐらいの期間をめどに効果を期待しているのか、何を得たいのかをはっきりと聞いておく必要があります。

サプリメントを摂取する目的が明確になれば、アドバイスもしやすくなるし、消費者のほうも具体的な目的が明確になって、指導がスムーズに運ぶでしょう。

指導がスムーズに

相手のためになるように指導していくためには必ず相手に目的意識をもたせることが大切なのです。

まず最初に、現在の食生活の状態を聞く。次に、サプリメントを摂取する目的を聞く

痩せたいのか、健康になりたいのか、肌を美しくしたいのかー人それぞれさまざまな摂取目的があるはずです。

相手の生活スタイル、日頃の運動量、仕事の具合も含めた状態を聞き、その状態からどうなりたいかをまず聞いておくことが正しいアドバイスをするための第一歩なのです。

つまり、「どうなりたいか」という目標設定をし、それに近づくためのステップアップを進めていくのがサプリメントアドバイザーの役割なのです。

その目的を達成するためのメニューも、あまり厳し過ぎると途中で挫折してしまうだろうし、食事に関しても最初から理想的な献立を押し付けても、継続できないし、やる気が損なわれてしまうでしょう。

相手が正しい食生活やサプリメント摂取を継続できるように、モチベーションを高めてあげることがサプリメントアドバイザーにとって大切な仕事なのです。

「健康になったらこんなに素晴らしい日々が過ごせます」「美しくなったら毎日楽しく過ごせます」といった話題をしながら、今日よりも明日、明日よりも来週、1ヶ月後には願望が達成できるという目標に向かって進んでいかなければ目的は達成できません。

たとえば、ダイエット目的でサプリメントを摂取する場合は、とくに最終的な目的達成期間を設定することが大切です。

入浴方法、運動方法のアドバイスなど、日常生活でできることは一つでも実行してもらい、一つのことが実践できたら次に進む、という具合にワンステップずつアップしていかないと目的はなかなか達成できません。

優秀なアドバイザー

優秀なアドバイザーは、人の能力を高める方法や教育の仕方目標を達成させる方法を、その経験から身につけています。

彼らは自分の指導方法に自信をもっているのです。
自信と誇りをもって物事に取り組むことほど強いものはありません。
目標を確実に達成していくにはコツがあります。

最初から一直線に大きな目標を達成することは難しいから、少しずつ達成していくのです。

つまり、目標を達成するためには、まずは明確な目標を持つことが何よりも大切なのです。
何か問題が生じたときは、それに対処する方法を探し、問題を解決していく。

目標を達成するためには、小さな問題点を根気よく解決していくことがポイントになる。
これを繰り返していくうちに、指導する側も、指導される側も成長していくのです。

優秀なサプリメントアドバイザーの条件

1.人に教えられる専門知識と経験がある
2.わかりやすく伝える能力がある
3.アドバイスする技術を身につけている
4.正しい評価基準を持っている
5.コミュニケーション能力が高い
6.教えることに情熱を燃やすことができる
7.相手の立場に立つことができる
8.人のモチベーションを高めることができる
9.知的好奇心を持ち続けることができる
10.健康的で知性が感じられる